世界で一番かわいいです

二次オタからすっかり若手俳優界隈に・・・

アニメになっても多分見ない。「錆色のアーマ」

 

輝馬くんが小林幸子だと聞いて見てきました。

本当に小林幸子だった。あとジュディオングでマレフィセント聖飢魔IIだった。

 

www.nelke.co.jp

 

これがアニメになってもヒットしないだろうなあー

と思いながら見てました。言いたいことだけ言ってます。アーマ最高!面白かった!って人は見ない方がいいと思います。

 

トーリー

話は「多分好みじゃないな」って思ってたけど予想どおり。わかりやすい王道のストーリーで、ネオ・和風もの?なのかな。

 

雑賀孫市率いる雑賀衆が姉を殺した因縁の相手、信長の首を狙うがうまくいかず、でも銃(アーマ)の腕を買われて家来に。その間も孫市は信長を狙うけど実は信長は孫市の姉の恋人で姉を殺したのは輝馬演じる顕如でした!みたいな感じ。

 

あーこれ見たことある読んだことある!って感じのストーリーだったので早々にストーリーを楽しむのを諦めて輝馬の悪役ぶりと増田俊樹のなんか歌舞伎っぽい演技を楽しみました。

 

キャスト

正直増田俊樹と輝馬と栩原楽人以外けっこうがなる人が多くて何言ってるのかわからない箇所が多くてしんどかった・・・ひさびさに「なんて???」って何回も思ってしまったんだけど話に入り込めなかったのはそのせいもあるかも。

 

雑賀衆

席もそんなに近くなかったから雑賀衆がわちゃわちゃしててもなんかうるせーなくらいにしか思わなかったごめんなさい。チーム萌えはかなりある方なんだけど、基本ヤンキー集団が好きじゃないからかな。エグザイルの人とかもすごい頑張ってるんだろうなって思うけど圧倒的に力不足を感じてしまった。

 

輝馬

悪役くそくそ興奮した。ハマリ役。

ちょっとおかまっぽいのも新鮮でもっと悪役見たいなーって思わされました。

キャラが濃すぎて面白すぎた。ずっと定点。内に秘めた狂気と放出する狂気どちらも表現しててさすがだわ・・・

なんかどんどん歌うまくなってるので2.5以外のミュージカルみたいです。本人がそんなに望んでないのかもしれないけど。顕如さまが出てきた瞬間ディナーショーみたいで拍手したかったよ。

あとそばにいた坊主二人がすごかった。黄色い坊主はなに?!めっちゃ歌上手い。

 

栩原楽人

めっちゃかわいいしすごいアクションできてて調べたらすごい体がきく人だったんですね!

栩原楽人|KNOCKS,INC. 有限会社ノックス

ここでアクション見れます。あとメイク映えしますね。

 

増田俊樹

顔面の演技と声の演技が歌舞伎みたい。織田信長を圧倒的な存在に見せるためにすごく有効だったと思う。目力すげーーー

どうでもいいけど「人間50年♪」てやりだすとどうしても村井良太と鈴木拡樹の「君だけだよお蘭♪」を思い出してしまって何回も脳内イメージをかき消した。恐るべし戦国鍋。

 

逆2.5とは?

今や日本が世界に誇る文化のひとつとなりつつある、
漫画・アニメ・ゲームなどを原作とした“2.5次元舞台”。

その流れとは逆に、まず舞台版が生まれ、
そこからアニメをはじめとする
メディアミックス展開を図っていくこの「錆色のアーマ」は、
“逆2.5 次元”とでもいうべき、
前代未聞のプロジェクトとなる。
まずは東京と大阪で上演される舞台版から、
このプロジェクトを始動する。

とのことでしたが正直原作力は弱いと思うしこれがアニメになるとしたら見たいかと言われるといや別にって感じだしめっちゃ続きそうなふんいきで終わるのもなんかあざとい感じ。続編はしなくていいっす。

 

演出

音楽が生演奏(しかも一人でシンセもドラムもやってた)で豪華だった!

でも音楽がなー・・・まったく耳に残らなかった・・・ミュとして致命的。

 

謎にロールカーテンっていうか御簾?をくるくるしてるのすごい気になってやめてほしい。あれ絶対どこかの回でひっかかったでしょ?絶対ひっかかる!と思ってヒヤヒヤしてみてた。やめてくれ。

あと結構ではけがしっかり見えたんだけど、もうそこ照明で照らさなくて良くない?!てなんども思ってしまった。しずしずはけていく顕如様シュールすぎる。

 

映像が技繰り出すたびにバーン!って出るのはまあいいとして、必殺技名をブロック体で書かれるの冷めるわ〜漫画だったらいけるけど・・・いや確かに滑舌良くないから書いてくれるとわかりやすいんだけども。

森 森 森 森!!はあかんでしょ。脱力・・・

 

総括

輝馬の歌声と変態悪魔演技を楽しむ舞台だった。

最近演出ストーリーがだめでも歌を楽しむということができるようになってきた。これはいいのか良くないのか・・・?