世界で一番かわいいです

なんだかんだ舞台が好きです。

心温まる、大人のための学芸会『君はいい人チャーリーブラウン』

www.tohostage.com


『君はいい人チャーリーブラウン』、サンケイホールブリーゼにて見てきました。

とても可愛らしい、原作を大事にした心温まるミュージカルでした。

 

まずキャストが最高!全員かわいい。

ノーマークだったルーシーの高垣彩陽さん最高。声優さんで歌もいっぱい出してるんですね。あの生意気さわがままさまんまルーシーだよ。なんだっけ、アンケートとるところ?すごい笑ったんだけど。あれくらい傲慢な態度とってみたいわー

体もよく動く!歯切れのいい体でした。

 

 村井くんはペダステ以降初めて見たんだけど普通の人・チャーリーがすごく似合ってた!そしてかわいいんだなーって気づきました(坂道のときや戦国鍋見たときはひたすらすごい人で汗がやばい人だなって感じだった ごめん)

 

原作で一番好きだったシュローダーは東山さん。めっちゃかっこよかった。

だいぶお兄さんですけど子供に見えて面白かったな。衣装のおかげ?全体的に衣装が良かったよね!オーバーサイズにしてて子供感が強まる。

 

ちなみに見に行った決め手は中川晃教さん。ジャージーボーイズで最高の歌声を浴びて、すっかり虜ですが演じるはスヌーピー!まじか…これはギャグ寸前というかもうギャグだわ。

スヌーピーかわいー!」というよりはめっちゃ歌うめえなスヌーピー…笑

って感じでした。スヌーピーとして見るというよりスヌーピーを演じてる中川さんを微笑ましく見るという感じ。だって面白いじゃん…白いモコモコ着て鼻だけ黒い中川さん……

もっと歌聞きてー!!もうおわり?!うっそ!!!となったので秋のジャージーいっぱい見に行きたいです。しかしスケジュールは?太田さんは?はやく教えてください東宝さん……

 

演出は、映画のズームイン・ズームアウト、みたいな効果を生む幕?の動きが面白かった。アニメっぽいというか、ピーナッツの連載時代っぽいというか。世界観にあってるなーと。

書き割りのコミックのカラーコマを移動させて背景にしていくのもなんていうか言い方ひどいけどめちゃくちゃクオリティの高い大人による本気の学芸会!ってかんじでよかった。(これ貶してるわけじゃないですからね?!)

 

改めてスヌーピーの世界って大人が不在で、でもそのまま大人の世界の悩みに繋がったり、子供の頃の疑問とかを思い出されて、はっとさせられたりする。奥深いね。

どんなセリフだったか忘れたけど(…)レポ書いてる人とかほんとすごいなーと毎回思いますわ。

私すぐ忘れる。よほどじゃないと。動きとかは覚えてるんだけどな…

 

しかしなんていうか、結構転換が多くってショートストーリーを少しずつ見ていく感じが原作通りなんだけど「舞台」としてのカタルシスが少なかったかな。まあ好みですね。

子供から大人まで楽しめると思う。

親子券とかつくったらいいんじゃないかな?貸切公演とか。どうすか東宝さん。

 

あ、あとこれもし推しが出てたらすっごくすっごくハッピーだと思う。

推しがいないことと、想像できうる感じの演出とクオリティだったから満足度がそこまでないのかも……?なんてわがままなんだ!!!すみません。

 

ka-ri-ng.hateblo.jp

私なんかの文章よりわかりやすく魅力をまとめられてたんでぜひ。こちらの方のように「等身大の平凡な日々が送れること」についての物語を求めていたりする方にはバッチリ合うと思います。

 

 

ここからちょっと愚痴。

案の定っていったら失礼だけど近くのAKBファンのおっさんがデジタル時計ピッピピッピしてて腹たった。席離れてたから注意できなかったけど、こういうノイズでストレス感じちゃうの本当に悲しい。コールのときに両手頭上にあげて拍手してたけどおめーずっと時計いじっとったやんけ!!